会社概要

セントラル硝子プラントサービス株式会社は、板ガラスメーカー"セントラル硝子株式会社"の

完全子会社であり、同社の建築用加工ガラス(住宅・ビルの窓ガラス)製品の製造、

工場設備の保全・営繕工事を主業務としています。



  • セントラル硝子グループ 企業理念

”ものづくりで築く よりよい未来”

セントラル硝子グループは、ものづくりを通して、真に豊かな社会の実現に貢献します。


  • セントラル硝子プラントサービス㈱ 行動指針

誠意協調 … 誠意を持って仕事・人・社会に向き合い、互いに協力し合い良い結果を導く。

現物現場 … 現場に足を運び、「真実」を自らの目で確かめる。

顧客目線 … 起こっている事を、常にお客様の目線で理解する。

熟慮断行 … 行動をする時は、あらゆる可能性を想定し、深く考え、本質を見定め、

         進むべき方向を素早く決断する。


  • 会社情報
                                 
社名

セントラル硝子プラントサービス株式会社

本社所在地

〒515-0001 三重県松阪市大口町字新地1624番地の3

設立

1965年(昭和40年)8月1日

出資者

セントラル硝子株式会社 (100%出資)

従業員数

602人 (2018年4月1日時点)




  • 沿革

                                                                                         
1963年(昭和38年)12月

竹岡東洋一商店として梱包用木箱製造開始

1965年(昭和40年) 8月

セントラル硝子の資本参加により松阪木函㈱設立(当社設立)

1983年(昭和58年) 4月

セントラル硝子のガラス切断・加工業務が同年月に設立された

㈲松阪エンジニアリングサービスに移管される。

1984年(昭和59年) 3月

セントラル硝子㈱の100%出資会社となる。

1985年(昭和60年) 4月

セントラル硝子㈱より㈲松阪エンジニアリングサービスが

委託を受け、複層ガラスの生産を開始。

1986年(昭和61年) 7月

㈲松阪エンジニアリングサービスの解散に伴い、

同より整備、ガラス切断・加工、複層ガラス製造業務の

移管を受ける。

1987年(昭和62年)12月

松阪木函㈱を東海加工センター㈱に社名変更

2008年(平成20年) 4月

セントラル硝子㈱より業務課建築デリバリー業務、

スパッタ生産業務、建築製品の品質管理業務の移管を受ける。

2011年(平成23年) 5月

セントラル硝子㈱より設備保全、窯炉保全及び建材試験業務の

移管を受ける。

2014年(平成26年) 4月

東海加工センター㈱をセントラル硝子プラントサービス㈱に

社名変更

2016年(平成28年) 4月

セントラル硝子販売㈱の複層ガラス製造部門を吸収合併

 
2018年(平成30年) 8月

富士ハードウェア―㈱の強化ガラス製造部門を

事業譲渡により承継

 



  • JIS認証

    当社は下記製品のJIS認証を取得しています。

           

JIS R 3206

強化ガラス

中日本工場・大阪工場

JIS R 3209

複層ガラス

利府工場・浦安工場・静岡製造所・中日本工場・

堺工場・坂出製造所・九州工場