セントラル硝子プラントサービス株式会社は、板ガラスメーカー”セントラル硝子株式会社”の完全子会社であり、

同社の建築用加工ガラス(住宅・ビルの窓ガラス)製品の製造、工場設備の保全・営繕工事を主業務としています。

会社情報

社名 セントラル硝子プラントサービス株式会社
本社所在地 〒515-0001 三重県松阪市大口町字新地1624番地の3
設立 1965年(昭和40年)8月1日
出資者 セントラル硝子株式会社 (100%出資)
従業員数 人 (2020年4月1日時点)

沿革

1963年(昭和38年)12月 竹岡東洋一商店として梱包用木箱製造開始
1965年(昭和40年) 8月 セントラル硝子の資本参加により松阪木函㈱設立(当社設立)
1983年(昭和58年) 4月 セントラル硝子のガラス切断・加工業務が同年月に設立された㈲松阪エンジニアリングサービスに移管される。
1984年(昭和59年) 3月 セントラル硝子㈱の100%出資会社となる。
1985年(昭和60年) 4月 セントラル硝子㈱より㈲松阪エンジニアリングサービスが委託を受け、複層ガラスの生産を開始。
1986年(昭和61年) 7月 ㈲松阪エンジニアリングサービスの解散に伴い、同より整備、ガラス切断・加工、複層ガラス製造業務の移管を受ける。
1987年(昭和62年)12月 松阪木函㈱を東海加工センター㈱に社名変更
2008年(平成20年) 4月 セントラル硝子㈱より業務課建築デリバリー業務、スパッタ生産業務、建築製品の品質管理業務の移管を受ける。
2011年(平成23年) 5月 セントラル硝子㈱より設備保全、窯炉保全及び建材試験業務の移管を受ける。
2014年(平成26年) 4月 東海加工センター㈱をセントラル硝子プラントサービス㈱に社名変更
2016年(平成28年) 4月 セントラル硝子販売㈱の複層ガラス製造部門を吸収合併
2018年(平成30年) 8月 富士ハードウェア―㈱の強化ガラス製造部門を事業譲渡により承継
2019年(平成31年) 4月 関東新拠点〈つくば工場〉稼働開始
2020年(令和2年) 4月 三重硝子工業㈱の鏡部門・保全部門及び建築用ガラス部門を事業承継

認証

JIS R 3209 複層ガラス 中日本工場・堺工場

情報公表・行動計画

「次世代育成対策推進法」及び「女性活躍推進法」に基づく行動計画

中途採用比率について(労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律)